So-net無料ブログ作成

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア5 (GA文庫) あらすじ紹介文

59階層から何とか戻ってきたロキファミリアは、途中で猛毒を持つモンスターに襲われて18階層での野営を余儀なくされていた。コス衣装はこちらへ、絶対に損はないっぞ
そんな折、一組のパーティがゴライアスの攻撃を躱して半死半生で安全地帯に転がり落ちてきた。
ロキファミリアとベルたちが邂逅したその裏エピソード。
主に嫉妬に狂うエルフ視点。

大神の加護があったか、水浴び中の女性陣の中に転落してしまったベル。
そして私刑執行者となったレフィーヤによる追撃が始まった。
だが、二人は出会ってしまう。
新種モンスターが18階層を蝕んでいたその状況に。

本編とは別のルートに進んでいるようなイメージもある外伝。アイズの出生の秘密もちらほらと浮き上がってきた。


百万畳ラビリンス(下) (ヤングキングコミックス) あらすじ紹介文

上巻でも既にレビューがありましたが、上下巻で綺麗にまとまっています。コスプレがしたいな、どのようにすればいいでしょう
SFとか友情とかゲームとか、いろいろ作品を象徴できそうな言葉は並べられるのですが、それだとこの作品の魅力が伝わらないような気がしています。
上巻の表紙を見てピンと来た方は、ハズレかも…なんて余計な心配はせず、ネタバレでも見ないうちに上下巻とも買ってしまいましょう。

以下迷っている人のための微ネタバレ(具体的な台詞や展開は書きませんが、勘がいい人が読めば展開が予想できてしまうので)

この作品のテーマは、作品中の言葉を借りるなら「生き方」ということになるのでしょうか。それを象徴する主人公2人の関係が魅力的です。


使命と魂のリミット (角川文庫) 文庫 あらすじ紹介文

凄まじい緊張感に、手に汗を握る。ゴスロリ衣装が大好評発売中!お見逃しなく

特に、終盤の、緊迫した場面は、著者ならではだ。

当初、本書のタイトルは、何を意味するのか、釈然としなかった。

しかし、読み進むとともに分かって来るが、最後は「使命」について、考えさせられる。

警官の使命、医師の使命、、、そして我々自身の使命についても。

現在の手術は、電気とは切り離しては、考えられない。

電気メス、心電図モニター、レスピレーター、人工心肺装置などなど。

ここに着目され、さらに、いくつかの人間模様がからめられ、大変面白い内容となっている。

ところで、別の患者のレスピレーターを動かすために、通電を要請される下りがある。


リビング (中公文庫) 文庫 あらすじ紹介文

重松清氏の短編集である。12編のうち4編は「となりの花園」というシリーズで連作短編になっている。全体的には夫婦を巡る話が多い。コスプレウィッグはこちらへ、絶対に損はないっぞ

嫁姑の問題。離婚の 問題。小さなケンカ。息子への愛。やはりなんとも上手い作家だと思う。重松清の話はいつも「わざと」まとまっていない、結論がついていない話が多い。

私と しては、二組の夫婦の眺めのいい公園から見える鯉のぼりのたなびく町を背景にした風景みたいな話で、もっともまとまっていない話「いらかの波」が個人的に は一番好きである。思いが少しづつすれ違っている。けれども少しづつお互い思いやっている。

幸福と危険がいつも隣り合わせ。そしてなんとなく過ぎていく日 常。重松清はホントに上手い作家だ。

「となりの花園」のなかで、ひろ子さんは育児雑誌のイラストを描こうとしてスランプに陥る。CGイラストレー ター、子供をつくらない主義の彼女としては「育児」はどうしてもよく分からない世界なのである。その後彼女の絵が完成したかどうかはこの作品のなかでは描 かれていない。しかし私はこの文庫の表紙がその「答」のような気がする。


真・女神転生IV アトラス ベストコレクション って面白そうじゃない?

全体的には面白いんですよ。全身タイツはこちらへ、絶対に損はないっぞ
排他的な雰囲気とか、悪魔との会話とか女神転生してて楽しいです。途中の選択肢も重要な分岐なんだなと安易には選べません。
悪魔合体も相変わらず時間泥棒の楽しさです。
ただ、コレじゃ無い感や不親切な部分なども目立ちました。

まず、絵師…
メデューサ酷いですね。特に顔…違うゲーム遊んでるのかと思いました。大天使もアレではただのキモい悪魔です…全部が全部ダメではありませんが、大半が無駄にゴチャゴチャしてる敵が多く、他の方が言っている神話の設定を大切にしてる?と疑問になります。

そして難易度
特に序盤厳しいです。と言うかシンボルエンカウントも鬱陶しいけど(マップ見たくて立ち止まってても敵が寄ってくる。弱い雑魚も寄ってくる。)、こちらから武器で先制しないと、前から接触したりこちらから向かって言っても「敵に先制される」事があります。


小さき者へ (新潮文庫) 文庫 あらすじ紹介文

主人公と脇役との距離感、スタンスの取り方が見事。コスプレ通販はどこが一番なのですか?誰か教えてください
私には、「海まで」が秀逸に思えた。
自分自身を見透かされているようで、怖くもあった。
また、同じような思いの人がいるという安心もあった。
主人公が母親に抱く感情は、まさに自分自身のそれと同じであったからだ。
大事にしてやりたいという思いと同じほど、うざったくも思う。
そこが見事に表現されている。
著者とは同じ昭和38年生まれ。
このぐらいの年なると、親に対して自然とそんな思いを抱くのかと悲しくもある。
その他の作品も、うまい。
結果を明示していないようでいて、実は、読者に自分なりの結果を明示させているだろうと思わせる作品集。
個人的に、「海まで」で圧倒されてしまった本でした。


ツリーハウス (文春文庫) 文庫 あらすじ紹介文

本作は、翡翠飯店に住む三世代の家族の年代記です。ラブライブコスプレがしたいな、どのようにすればいいでしょう
物語は、祖父の死をきっかけにして孫の良嗣が祖母と叔父とで中国を巡るパートと、戦時中の祖母が祖父と出会い、平成の現在へと至るまでを描いたパートが交互に進行していきます。

良嗣にとって謎の多かった家族の背景が徐々に明らかになるとともに、現在の家族の言動や態度の理由が分かってくる過程は、展開が巧みでミステリーの要素もあり、一気に読み終わりました。
本作に没入できた最大の理由は、戦後復興から2010年までの日本の史実を織り交ぜているからではなく、家族の人間描写が生き生きとしていて言葉や存在そ のものに説得力があるからだと思います。作者の硬質な筆致も洗練されていて、最後まで、あざとさが無く好感が持てました。

昭和・平成史に残る数々の出来事が背景にあっても、 描かれているのは、あくまで、一般庶民の日常です。ですが、その日常の大切さがこの作品からは伝わって来ます。


マスカレード・イブ (集英社文庫) あらすじ紹介文

お客様の仮面を守るホテルマンと、犯人の仮面を暴く警察官。マスカレード・ホテルで活躍したホテルの接客係の山岸尚美と、刑事の新田浩一の二人が出会う前のそれぞれの物語を描いた短編集。ラブライブ衣装はこちらへ、絶対に損はないっぞ

マスカレード・ホテルがおもしろかったので、本作も期待して読んだのだが、著者の作品にしては物足りなかった。

マスカレード・ホテルでは落ち着いてクールな印象に感じた山岸の若かった頃や、捜査一課に配属されたばかりで何とか手柄をあげたい新田の血気盛んや様子がうまく描かれていたのはよかったが、短編の内容はあっさりしていて読み応えが少なかった。

他のレビュアーも書いているが、マスカレードホテルのファンへのサービスで書かれた作品のように感じた。


冴えない彼女の育てかた キャラクターイメージソング 加藤恵 Single, Maxi 購入しました!!

はい。もう取りあえず一言で感想を申し上げますと「恵サイコー」ですね。コスプレ衣装はこちらへ、絶対に損はないっぞ

まず最初の部分。「このま までいっかなんか未来は未来の風が吹きそうだね」ここで聞いた瞬間多分、皆様の脳裏には 桜舞い散る通学路で運命の出会いをした...というシーンが蘇っ てくると思います。もうこの時点でワクワクがとまりませんよね!?

「このままでいっか」「未来は未来の風が吹きそう」とよくわからないような歌詞ですが、 僕は恵のキャラをここまで上手く表現出来る言葉はないと思います。やる気なさそうなんだけどいろいろ頑張ってて悩んで、でも結局時の流れに身を任せちゃう 的な感じですかね。このままいくとこの歌詞だけで全部喋っちゃいそうなのでw次に行きますがまずサビ前のですね。

とくにそこで僕が気に入っているのが「台 風の目」です。自分はシャープ気味で周りだけが騒がしい。まさに台風の真ん中のようですよね。ここで加藤恵は「ああ自己主張が少なくて周りはどうでもいい んだ」という風に解釈できます。そして!!サビ!!この部分!!「とりあえず全員笑える場所に辿り着けたらいいな」ここです!ここなんです!このどうでも いい感


空戦魔導士候補生の教官 (8) (ファンタジア文庫) 文庫 あらすじ紹介文

己の選択如何で世界の命運を左右する時でもカナタは変わらず飄々としている。コス衣装はこちらへ、絶対に損はないっぞ
私は当初、彼を無責任、若しくは現実離れした架空の人物だと思った。
しかし、カナタの原型は仏教の創始者である仏陀だと仮定すると作者の疑問は大分氷解する。
カナタの何物にも、例え己の感情さえ縛られない心は仏陀の唱えた中道思想によく似ている。
世界の理、組織の思惑、そして嫉妬や羨望といった感情から抜け出しているカナタの存在は俗世間から見れば異質。
異質な存在は弾かれるのが道理なのに俗世間に居座っているので違和感を覚える。
カナタの最強はいわば後付け、つまり俗世間に居座るために付随された能力。
ただ、カナタ自身俗世間にいるのがつらいのだろう。
最後に、何もかも放り出してミソラ達のもとに向かったのはその表れだと作者は考える。