So-net無料ブログ作成
検索選択

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫) 文庫 あらすじ紹介文

出光佐三をモデルに余りにも調子よく豪快に描かれている。ゴスロリ衣装はどこが一番なのですか?誰か教えてください
官僚の統制、業界の反発を次々にぶつけ、これを豪快にさばいてゆく姿は読者を惹きつける、流石ベストセラーの百田尚樹のサクセスストーリー
敗戦から立ち上がり、メジャー、大英帝国と闘い、遂に超弩級の大型タンカーを建造し、世界を馳せる姿は将に世界に羽ばたく日本の躍進を彷彿とさせるものである。

また、下巻最後に堺屋太一氏が評論を入れているが、本文中の政界、官界、経済界との闘いの様は戦後の日本の実際の姿が良く表れていると思う。

最後に大恩ある日田重太郎に若き日の鐵造に見たのは商才かとの問いに対し、「鍛冶屋の作品を見たかった」との話は、深遠なる創造の世界を垣間見たのではないかと。

本書は立志伝中の人物である出光佐三をモデルとした物語とされているが、百田氏の豪快な筆致は、若き読者が己に投影して青雲の志を抱かせる素晴らしいサクセスストーリーであると思う。


ハヤテのごとく! 47 (少年サンデーコミックス) コミック あらすじ紹介文

45巻あたりから、やっと本来の「ハヤテのごとく!」らしいノリに戻りつつ、今巻では連載から引きずりまくり、話をひろげまくった「王玉」の伏線の回収を何とかしようとしています。コスプレがしたいな、どのようにすればいいでしょう

それよりも、今回の目玉は修学旅行でハヤテが手にいれた1億5千万円をナギに返済した事で、ハヤテの心境はどう変化するのか・・・なんですが、
まぁ、分かっていた通り、ハヤテからナギへの感情は「恋」ではなく、まだ「主従」の関係・・・

もう1巻からここまで来たので、いつ終わるの? とか、考えずに最後までお付き合いさせて頂きます。


マギ 29 (少年サンデーコミックス) コミック あらすじ紹介文

こう来たか~~~という感じです。コス衣装はこちらへ、絶対に損はないっぞ
シンドバッドを描くならこうするしかない。
作者は、とことん「アリババ」と「シンドバッド」の対決を描き、自分の中での答えを出すつもりなんだろう。

「マギ」はこれまでも、現代社会の重い課題をそのまま写し取ってきていた。
マグノシュタットで描かれた民族問題は実に重かった。
それらを歴史ものとして描くというよりは
現代で起こっている社会問題にも通じるテーマとして、少年漫画ファンタジーに平易に置き換え、アラジンやアリババに苦悩させている。
そして、理想の王「シンドバッド」と弱く優しい「アリババ」という
二人の対照的な王の器がこの物語の軸であることが
シンドバッドの暗黒面の描写以降、鮮明に見えてきました。

シンドバッドは情とリーダーシップを兼ね備え
内政の才も外交力も武力も抜きんでた、理想的な強い指導者です。


テラフォーマーズ 16 (ヤングジャンプコミックス) コミック あらすじ紹介文

救助艦から現れた謎の二人、草間とダニエル。洗脳されたジョセフVS小町艦長。ロリータ販売はどこが一番なのですか?誰か教えてください
ジョセフの過去話がゲスいです。ただひたすら美しい愛見たさに、知 らぬ所で買収してそれを確かめるために友人を陥れ、結果見たかったものは見られなかった。人類の到達点=神であるジョセフが、自分以下の人間が知っている 愛を知るための、それを確かめるための巻だと思います。残念なことに自分には共感性が得られませんでした。
旧バグズ2号のティンが小町艦長に語りかけと、劉が艦長の専用武器のコピー品を託して変態したシーンはシビれました。
二人の戦いは死闘と呼ぶに相応しいものでしたので、ジョセフの行動理念に共感できたらすごく良かったんじゃないかと思います。
前巻と比べるとパワーダウンしてるのではないかという感想が拭えませんが、バトルがとにかくアツいです。


配達される女(御茶ノ水警察シリーズ) (集英社文庫) あらすじ紹介文

この作家の本は、『百舌の叫ぶ夜』とか『さまよえる脳髄』といった長編は読んだことがありましたが、本書のような短編集は初めてです。コスプレブーツはどこが一番なのですか?誰か教えてください

生活安全課 に勤務して、始終掛け合い漫才のような無駄口を繰り返す冴えない中年二人と、そこに異動してきたちょっと謎めいた女刑事の周りに起こるちょっとした事件 が、各編ごとに軽いサスペンスとして完結したシリーズです。

しかし、実のところ読者の興味は、個々の事件よりもこの3人の関係が今後どのように展開してい くのかということに引き付けられるでしょう。

その意味では、これまでに呼んできた本格サスペンス長編とは全く違ったテイストで、うれしい驚きでした。続編 が読んでみたいものです。


End of Eternity (エンド オブ エタニティ) ゲーム購入しました

ゲームの中身については他のレビュワーが語ってくれているので省略。獄都事変衣装がほしいな、どのようにすればいいでしょう
個人的に気になったのは、一部の戦闘が敵の数が多すぎて面倒。
主人公たち3人VS敵10体とかたまにあります。
また、闘技場はランクが50まであって、同じ敵と3回戦ってやっとランクが上がる仕様なため、
途中で飽きます。

このゲームのすごいところは、アップデートがない(バグやバランス崩壊がない)ところですね
ユーザーデバッグが当たり前になってる会社は見習って欲しいです。
また、課金なしでもすべて遊べることも素晴らしい(こういったことを褒めなければならない時代になりました)

次回作が出るかどうかは微妙なところらしいですが、
ぜひシリーズ化して欲しいですね。


仮面病棟 (実業之日本社文庫) 新たな見解について

早い頃から展開が見える。その点は期待を全く裏切らないから、安心して読める。ディバインゲート衣装がほしいな、どのようにすればいいでしょう

極限状態での心理は、通常の判断力を無力にするから、それを前提で読者は読んでくれるだろうとの期待感を、もって作文にしたとしか思えない。
しかし、その前提を受け入れてもいいと思える、青年医師の葛藤・女の憎悪・悲しみなどの心理描写が希薄で、ただ紙に印刷された文字が上滑りするだけ。
同じように展開が早い段階で判り、それを裏切らない小説を知っている。
谷崎潤一郎の小説『痴人の愛』。
余りにも予想通りの展開にも係わらず、主人公への嘲笑と同時に息苦しいぐらいの同情と、振り返ら得ずにはいられない自分の過去の恋愛への投影。
何度、本を閉じては開いたことだろうか。
すでに、高い評価がある作品と本書を比較する事は、酷なことだろう。
そう、わかってもいても、帯の文字が可哀そうで、その文字に同情せずにはいられない。
出版社は、帯の文字も本文に劣らないぐらい読者の心を捕まえる物だと理解して欲しい。


去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫) ゲーム体験しました

「自分の文体で、読み始めてすぐ惹きこまれる物語を、一気読みできる分量で書く」刀剣乱舞衣装はこちらへ、絶対に損はないっぞ
これが『去年の冬、きみと別れ』で掲げた中村文則さんの目標だった。
今回、文庫版で初めて読ませていただいたが、まさしくその目標をクリアした作品だったように私は思う。確かに、これは一気に読むにふさわしい作品だ。そのための分量だ。
そして、ミステリーとしての仕掛けが見事。最後の一文で、「なるほど!」となった。

ここからは多少、ネタバレになるかもしれないので、まだ読んでない方は読まないほうがよいでしょう。文庫版の「あとがき」も、私のように「なるほど!」と理解できない人のために詳しく解説してあるので、「あとがき」は本編を読んだ後に読んでください。

最初の献辞、中村文則さんの小説にしては珍しいなという違和感があった。「なんで、献辞なんて入れているんだ?」と。その違和感こそ、重要だった。そして、最後まで読むと、「それでか!」と驚き、よくこの仕掛けを考えたものだと感心した。


ろまん燈籠 (新潮文庫) 文庫 あらすじ紹介文

本書中の『新郎』ほどの、日本語における清らかな名文は他にあるだろうか。ラブライブ!衣装がほしいな、どのようにすればいいでしょう

《一日一日を、たっぷりと生きて行くより他は無い。明日のこと を思い煩うな。明日は明日みずから思い煩ん。きょう一日を、よろこび、努め、人には優しくして暮したい。青空もこのごろは、ばかに綺麗だ。舟を浮べたいく らい綺麗だ。山茶花の花びらは、桜貝。音たてて散っている。こんなに見事な花びらだったかと、ことしはじめて驚いている。何もかも、なつかしいの だ。……》

 米英との開戦直後に書かれたこの随筆は、死を覚悟した高潔なやさしさとでもいうものが満ちている。

《明日の 事を思うな、とあの人も言って居られます。朝めざめて、きょう一日を、十分に生きる事、それだけを私はこのごろ心掛けて居ります。私は、嘘を言わなくなり ました。虚栄や打算でない勉強が、少しずつ出来るようになりました。明日をたのんで、その場をごまかして置くような事も今は、なくなりました。一日一日だ けが、とても大切になりました。》


ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~ ゲーム購入しました

一通りプレイし終わったのでレビューさせて頂きます。進撃の巨人衣装がほしいな、どのようにすればいいでしょう

まず、前作に引き続き期限が存在しないので、
自分のペースで好きなだけ戦闘や錬金、キャラとの交流が楽しめます。
一方で時間の概念は存在するので、時期や時間帯によってイベントが変化したり、
といった要素もあり、時間に関しては今作はいいところに落ち着いたかなと思いました。
シリーズ恒例だった周回は無くなり、一度のプレイでとことんやり込むという形になりましたが、
期限が存在せず、イベント回収のために周回する必要が無いので、無駄が無くてよかったと思います。

一方で、戦闘は過去作と比較してかなり難化したように感じました。
ちゃんと考えながらアイテムを作っていかないと、なかなかクリアさせてくれない作りになっています。
ただ、その調合が非常に面白いので苦にはなりませんでした。