So-net無料ブログ作成

僕だけがいない街 (8) (カドカワコミックス) コミック 新たな見解について

悟以外の誰もが受け入れることができないような「再上映」という奇跡の力を「世界中で唯一人僕だけが信じられる話だ」と彼は言う。コスプレ通販はこちらへ、絶対に損はないっぞ

このとき私たち読者もあ るカタルシスを共有する。私たちは悟が何度もリバイバルしたことを知っているのに、作品内の人物はそれを一切知らず、悟ですらその記憶を失いそうになって いたのだ。

だが、それだけの奇跡を結集して戦っていたということが一向に無視されたままでは、私たちもやりきれないではないか。そしてその気持ちを掬い 取ってくれるのが「唯一人」八代だけであり、だからこそ悟と私たちは八代を追い詰めることができたのである。

 橋の上の決闘から、美しく咲く花火までのシーン描写には尋常でない緊張感と精神の充実がみなぎっている。ぜひ、みなさんも本を手にとってそのクライマックスを味わってほしい。


ナイツ&マジック6 (ヒーロー文庫) 文庫 あらすじ紹介文

オリジナル要素が全体的に減ったかな?しかし最大の落とし穴は拭いきれない違和感。全身タイツはこちらへ、絶対に損はないっぞ

原作ラインでロボをイメージしながら読んでいたのに文庫化されたことで挿絵として公式設定されてしまっていることですね。

今回も「違う、そうじゃない!」と思わせられました。

ヨーロピアンデザインやアメリカンデザインの武者甲冑を見たときのような、重厚さや荘厳さはどこへいった、金属の厚さで表現するな、もっと重い色使いや質実剛健・機能美があっただろうに…

まあ、これはこれでいいのかもしれません…主人公のロボに対する愛情は変わらないのですから。

まずは皆さんお手に取って読んでみてください。


東京喰種トーキョーグール:re 6 (ヤングジャンプコミックス) コミック あらすじ紹介文

無印の東京喰種が好きだったのでreは少し物足りなく感じていました。でもついに主人公が覚醒。めちゃめちゃクールで格好良く興奮しました。コスプレウィッグはどこが一番なのですか?誰か教えてください

今まで佐々木 琲世として抑制されていたものが一気に噴き出た感じですね。今の人格はカネキなのか、ハイセなのか・・・。何を考えているのか全く分からない主人公の行 動ー。今後の展開が気になります。

相変わらずキャラが多すぎる。特等の一人一人の説明も長くて入ってこない。もちろんキャラ立ちしているから思い出せる人物は思い出せるが、名前が覚えられないのがこの作品の難点だろう。

ノロが意外とあっけない?まあ、金木くんが戻ってきた感じが大きな進歩であることは否めないのでこの先も楽しみである。

前半は殲滅戦とその収束、後半はCCGとアオギリの樹の攻防を描いています。
この巻を通して様々なキャラの過去が描かれており、下手な引き伸ばしをせずに各キャラの関係、行動・思想の根源が見れます。確かにもうちょっとそこら辺を細かく描いて欲しかったなーと感じたところもありましたけど、読者の想像力に任せようという事なのでしょう。

こ のキャラの多さと早い展開、そして様々なキャラがいきなり「退場」させられるのは最近の西洋ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」等を髣髴させるものがあ り、大変読んでて楽しいです。それぞれのキャラの設定・過去がきちんと作りこまれていながら、それらをくどく感じる事が無く、単なる善悪物ではないのが自 分としては見応えがありました。


ナオミとカナコ 単行本 あらすじ紹介文

自分も共犯の一人として、自分にも追っ手が迫ってくるかのような、息苦しいまでのスリルを感じながら一気読みしました。ゴスロリ衣装はこちらへ、絶対に損はないっぞ
奥田作品ならではの、急展開を味わい、本当に面白かったです。
 
ナオミとカナコは、カナコの夫の殺害を企てます。
カナコは夫からの激しいDVに苦しめられ、カナコの親友のナオミは、とても放っておけないと、2人でカナコの夫を「排除」しようと計画を練ります。
 
2人は、この計画は完璧に組みあがったと、踏ん切りをつけて計画を実行します。
また、この計画には、ある大きな偶然、(2人にとっての)幸運が作用します。
 
読み手としては、いったんは、ここで首をかしげてしまいます。
完 璧なように見える2人の計画には、読む側からすれば、いくつもの「穴」があることに気付きますし、この計画にとっての偶然は、少々ご都合主義ではないか な、という思いになります。2人が計画を組んでいる時点では、こんなことで、人を殺して逃げ切れるわけがないよな~と、組み立てが甘いストーリーかと不安 にさせられてしまいます。


ToHeart2 DX PLUS ゲーム購入感想

シリーズ全作が全て詰め込まれ、お得感のある内容は買って損はありません。コスプレがしたいな、どのようにすればいいでしょう
ただ、気になったのが新キャラである羽根崎美緒シナリオの薄さでしょうか。

4月に入って数回イベントがあり、こちらのボルテージは上がりっぱなし。
「これからどんなイベントが展開されるのだろう」
と期待に胸を膨らませていると、文字通りいきなり終わりました。
本当に、えっ?とうめいてしまいました。打ちきり漫画を見ているようです。

ジェットコースターで例えるならば、
一番頂上までカートで連れていかれて
「はいここまでです」といきなり降ろされたような気分でした。

声優は斎藤千和さんを起用しており、演技力なども申し分なし。
足りなかったのは、シナリオライターの根気だけだったと言わざるを得ません。
(人によってはあれで十分という方もおられるでしょうが)


パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫) 文庫 あらすじ紹介文

私は読書は通勤途中に読んでいるのですが、この本は、読み始めて止まらなくなってしまい、仕事中にちょっと抜けて読んだり、帰宅してからも読みつづけて結局1日で読んでしまいました。そのくらい魅力あふれる小説でした。コス衣装はこちらへ、絶対に損はないっぞ
小説のテーマは"記憶"。それに、"愛をとるか友情をとるか"という永遠のテーマみたいなものも複雑に絡み合っています。
ある記憶は、一人称の"俺"が語っているのに対し、もうひとつの記憶は3人称の"彼"を使用しているので読者は混乱せずに読むことができます。
わたしは読み進めながら、「きっと裏切りとかの悲しい結末なんだろうな」と思ったのですが、思ったよりもさわやかな結末で読後感もとってもよかった。
著者は、理工系ご出身ということで、記憶の概念が科学的に説明されていて説得力もあります。
読みごたえのある作品です。


はたらく魔王さま! (9) (電撃コミックス) コミック あらすじ紹介文

原作は読んでませんが、作者の原作に対する愛が感じられる作品だと思いました。コスプレ衣装はこちらへ、絶対に損はないっぞ

あとがきを見ると作者が非常に思い入れのあるエピソードのようで、話としてよくまとまっていたと思います。

前巻から続く海の家編の完結の話ですが、最後の落ちは予想外で驚きました。

アニメ2期するならぜひ映像でも見たい話ですね。

あと勇者がどんどんかわいくなってヒロイン化が進んでいると思います。表紙のちーちゃんもかわいくでグッドです。

はたらく仕事要素あり、戦うファンタジー要素ありで安定して面白いので、ずっと長期連載してほしいものです。


ブレイクブレイド(15) (メテオCOMICS) コミック あらすじ紹介文

 シギュンとサーブラフ母娘を追いつめる怪ゴゥレム・プリギア改。乗っている仮面の拷問官ステンナに捕らわれれば無惨な嬲り殺しは必至。救援のライガットと3人の部下はすぐ近くまで来ているのだが……!!ラブライブ衣装はどこが一番なのですか?誰か教えてください

 シギュン救出劇が今回のメイン、武骨で容赦ないゴゥレム戦が展開されます。猛威を振るうプリギア改はMSでいうとグフのよう(笑)。

相変わらずすぐコクピット周りが壊れるゴゥレムが恐ろしい、ヘルメットが欲しい。ライガット隊長のしどろもどろな指揮ぶりも変わらずですが、気になるのが部下の一人フォルセ。一番腕は立つがどこか冷淡、そして彼がライガットにだけ耳打ちする不穏な情報。この若者、一体何を隠しているのか?

同じく部下の眼鏡っ娘ボタン(人名です)、末永くレギュラーでいてほしいところですけどポジション的に難しいかも…。
 
 アテネスに戻ってきたイオを迎え入れ、ゼスが思い描く大陸統一の野望。ずいぶん黒くなってきた彼が口にする「平和」は本物なのか。そしてついに真贋の裁定が下される二人のプレデリカ王女の髪飾り。次巻も修羅場の予感。


ろまん燈籠 (新潮文庫) 文庫 あらすじ紹介文

本書中の『新郎』ほどの、日本語における清らかな名文は他にあるだろうか。ラブライブコスプレがしたいな、どのようにすればいいでしょう

《一日一日を、たっぷりと生きて行くより他は無い。明日のこと を思い煩うな。明日は明日みずから思い煩ん。きょう一日を、よろこび、努め、人には優しくして暮したい。青空もこのごろは、ばかに綺麗だ。舟を浮べたいく らい綺麗だ。山茶花の花びらは、桜貝。音たてて散っている。こんなに見事な花びらだったかと、ことしはじめて驚いている。何もかも、なつかしいの だ。……》

 米英との開戦直後に書かれたこの随筆は、死を覚悟した高潔なやさしさとでもいうものが満ちている。

《明日の 事を思うな、とあの人も言って居られます。朝めざめて、きょう一日を、十分に生きる事、それだけを私はこのごろ心掛けて居ります。私は、嘘を言わなくなり ました。虚栄や打算でない勉強が、少しずつ出来るようになりました。明日をたのんで、その場をごまかして置くような事も今は、なくなりました。一日一日だ けが、とても大切になりました。》

 太宰ファンでなくとも、日本人ならばぜひ読んでほしい。


インシテミル (文春文庫) 文庫 新たな見解について

発売からかなり時間が経過したが、いまだに良く話題に上る作品なので読んでみることにした。クローズド・サークル(CC)ものが好きな本格マニアにはそれなりに受けるかも知れない。コスプレ通販はこちらへ、絶対に損はないっぞ

ゲーム小説やパズラーが好きな若い人にも良いだろう。しかし、これまでに古今東西の作家達が著してきた多くのクローズド・サークルものと比較した場合、それらを凌駕する作品とはとても思えない。

 まず、「暗鬼館」というかなり特殊な建造物を設定したという時点で、マニアを対象にしていることがわかる。

それでも、一人一人の人間とその背景などを掘り下げ、微妙な心理面を描き出すなどの努力があれば、もう少し大人も読めるのだろうが、そういう面はない。さらには、この手の本格ものなら当然期待される、最後のどんでん返しなどもない。「やられた!」「これはすごい」というカタルシスも得られない。