So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイスクールD×D DX.2 マツレ☆龍神少女! (ファンタジア文庫) 文庫 あらすじ紹介文

まぁBlu-rayの内容に関しては、ライザーのドラゴン恐怖症の克服修行にかこつけて、露天風呂を覗こうとするライザーとイッセーの戦いという小説通りのストーリーなので、今さら詳しく解説する必要もないでしょう ゴスロリ衣装はどこが一番なのですか?誰か教えてください

特筆すべきは、レイヴェルのおっぱいが初映像化!ってだけですね(笑)

勿論グレモリー眷属の女の子たちのおっぱいも、全て見れますよ

小説の方は前巻のDX.1のトキと同じく、ほとんどがドラゴンマガジンに掲載された読み切り作品+書き下ろし一編という内容です

ドラマガ未読の自分としては、ありがたいですね

でも自分的には1番面白かったのは、最後の書き下ろしかな?

九重とオーフィスは、いいコンビですね作者さんによると、このDXシリーズのストックはまだまだあるらしく、あと3冊か4冊出せるぐらいは溜まっているそうです次に出るのは本編21巻が来年春頃で、予定通りなら四章の本筋は終わりで、22巻は四章のエピローグ+ぶったまげる展開!?だとか…


くちびるに歌を あらすじ紹介文

特定の俳優に合わせたキャラクターストーリーを設定して本を書くのが「当て書き」だけど、この作品は主題歌(アンジェラアキ「手紙」)への当て書き。コスプレがしたいな、どのようにすればいいでしょう

必然的に生まれた主題はもちろん「15歳の葛藤」ってことになるんだけど、この映画は、その15歳の葛藤が実は人間の一生の葛藤であるように描かれているので、世代を問わず心に訴えかけてくるものがある。

なぜ生まれてきたのか、何のために生きているのか、自分が生まれたのは偶然か必然か。。

いろんな偶然や必然が重なって生まれた人たちが、これまた偶然や必然に絡まれて繋がり、助け合って生きていく。これこそ人生で、喜び感謝するものだと教えてくれる。
だからこれは15歳と30歳のための映画ではないんですね。

ガッキーはとても真摯にキャラクターと向き合っているし、監督も丁寧な演出と編集を行っている。五島の美しく素朴な風景も脚本にピッタリ。それにしても音楽って映画の重要な要素なんだなぁって、つくずく感じさせてくれる映画でした。アンジェラアキのセンスの良さを改めて感じました。


死神の精度 (文春文庫) あらすじ紹介文

すばらしい!
優れた短編小説集の見本のような作品です。コス衣装がほしいな、どのようにすればいいでしょう
主人公は、死神。その死神はこれから死を向かえる人間の資格調査(?)のため
7人の人間に出会う。

そこには、シンデレラ・スト-リ-、ロ-ド・ノベル、本格密室推理など、バラエティ-に富んだ展開が待っている。
さらに、短編らしく意外性がありながら余韻を残した結末が、作者のセンスを物語っている。

そして、最終章では、はっとする展開やすがすがしいばかりの結末が・・・。

キャラ作りの天才である作者の真骨頂である、主人公のディテ-ルも、申し分なく
音楽好きな死神がすこしKYなところがありながらも、作品の雰囲気をかもし出してくれている。

映画が楽しみな一冊でした。


ニセコイ 20 (ジャンプコミックス) コミック あらすじ紹介文

購入予定は別にありませんでしたが評価(分析)のため、コミック第20巻を購読しましたが...ロリータ販売はどこが一番なのですか?誰か教えてください

この20巻の感想ですが...

この作品内で、一番メインヒロインらしい仕事をしているキャラは誰なのか?

 ”千棘”と回答する読者はほとんどいないでしょうね。

私の視点からでは、本当のメインヒロインの仕事をしているキャラは”万理花”です。
もしかしたら、メインヒロインを”千棘”ではなく、”万理花”にしてた方が、この作品の人気もコミックス売上げももっと上がってたんじゃないでしょうか?

やくざと警察という家が敵同士なので、で主人公の”楽”と警視総監の娘”万理花”との ニセコイ物語としても違和感がなくロミオとジュリエットのような物語がごく自然に作れたとおもいます。

これ完全に作者さんと編集さんのミスじゃないですか!


銀行狐 (講談社文庫) 文庫 あらすじ紹介文

5編の短編はいずれも銀行内で起こる事件で、犯人は誰か解いていく推理とサスペンスは読み応えあり面白い。 第1話の「金庫室の死体」は、破綻した城南相和銀行長原支店の金庫室内で老婆の死体が発見されるという衝撃的な始まりだ。コスプレブーツがほしいな、どのようにすればいいでしょう

老婆の2億円の定期預金の行方 は? 第2話の「現金その場かぎり」は、締めの時間にテラーの一人の現金が300万円不足だ。しかもこれが2回目という。これは池井戸氏の短編集「不祥 事」にある「過払い」に似ている。 

第3話の「口座相違」は、東都銀行渋谷支店で最もまずいミスが発生した。3000万円の口座相違だ。ところが思わぬ展 開に。 第4話の「銀行狐」は、帝都銀行本店に頭取宛の不審な手紙が届く。発信人は「狐」、銀行をひどく憎んでいるようだ。 第5話の「ローンカウン ター」は、渋谷円山町で若い女性死体発見、その近隣で2件の殺人事件も発生した。迷宮入りしそうになったが、山北刑事が自分のオートローンの相談に銀行の ローンカウンターに行った。そこで・・・。


フリーダムウォーズ ゲーム購入しました

1ストーリー・2バトル関連・その他の3つにわけて書きます。コスプレ衣装はどこで買えばいいかなあ、困るもんだ
特に、今後購入を考えている方に知っておいてほしい情報には『』をつけ一番下に列挙しますので、そちらだけを参照してもらっても構いません。

1ストーリー
『続編前提の終わり方』これにつきます。物語を書く際には起承転結というものが存在しますが、このゲームは承で終わっています。
また物語の進行もワンパターン・キャラの掘り下げがない・展開が急で感情移入ができないなど問題が多く存在します。
世界観の設定自体は面白いものだと思います。(全く活かされていませんが…)

2バトル関連
バトルバランスが非常に悪く、批判が多く存在するにも関わらず、『開発は現状のバトルバランスのままでいいと思っている』様子です(twitterやブログの発言から)
ボ ランティア(他のゲームでいうところのミッションや任務)数が『基本57個(チュートリ2・クリア後の追加5)しか存在しません』。また友達とアドホック 等で遊ぶ際に別に用意されてるわけではありません。さらに『友達と遊べるのはクリアしたボランティアのみ』に限られ、難しくてクリアできないボランティア を友達に協力してもらう、という遊び方はできません。


夜の国のクーパー (創元推理文庫) 文庫 あらすじ紹介文

あくまで個人的な感想です。獄都事変衣装が大好評発売中!お見逃しなく

伊坂幸太郎さんの小説の最後にどんでん返しがあったり、細かいネタがふんだんに盛り込まれているようなところが好きです。

今まで刊行された作品は「あるキング」、エッセイ集以外は読んだつもりでおります。

最 近文庫化されたことを知り読んでみようと思いました。読んで思ったのは個人的に「人間」が主人公となっている作品のほうが好きだということです。

この小説 は猫が主人公として起用されていますし、ガソリン生活は車が主人公です。この2作品はあまり自分にヒットしませんでした。「オーデュボンの祈り」のように ファンタジーであったことも想像と違いました。

あと、物語の最後に何かあるであろうと、どんでん返しを期待していましたが、自分の予想していたような展開 になってしまい、予想を裏切ってくれることを期待していた身としては残念でした。


白蝶記 ―どうやって獄を破り、どうすれば君が笑うのか― (ダッシュエックス文庫) 文庫 あらすじ紹介文

それが終始陰鬱としており、気楽には読んでいられないかなとの印象です。あんさんぶるスターズ!(Ensemble Stars!)衣装が大好評発売中!お見逃しなく
文章、設定、登場人物描写何れもラノベにあっては確りとしたものが感じられますし悪くはない。
多々のラノベ作品で印象的なイラストで文章と対を為している白身魚氏も内容に合ったイラスト。

その内容については既に他の方が触れられているとおりですので述べません。
それを幾分歳が行った一読者として、こうした重たさに偏ったものは正直なところしんどい。
そうしたものを得手とする方や若く受止められるパワーのある方には満足がいく作品となり得るかもしれません。
読む時間も限られる中で、息抜きとしての読書を進める私には些か荷が勝ちすぎた作品でした。
表紙イラストが惹かれる印象を醸し出しているだけに、手に取られる方はご注意を。
悪くはないですよ。文章に変な癖もありませんし。気分に合うかどうかだと思います。


遠い太鼓 (講談社文庫) あらすじ紹介文

村上春樹氏が86年から89年にかけて過ごした海外移住の日々をエッセイの形式でまとめたものです。刀剣乱舞衣装が大好評発売中!お見逃しなく

86年当時、村上氏は周囲の雑音から逃れるように日本をしばらく離れることを決めたようです。
行き先はギリシアとイタリアを中心に、時々フィンランドやオーストリアなど周辺ヨーロッパ諸国を回りました。
3年にも及ぶ長期滞在ですが、基本的にほとんど縁のない土地で、語学力も学校英語とにわか仕込みのギリシア語だけで飛び込んだということに驚かされました。
手探りで家を探し、食材を仕入れ、料理をし、走り、原稿を仕上げる。
このような日常の光景を切り取ったものが本書に収められていましたが、日本とは一味違った異国でのトラブルや作家としてのユニークな観察の一つ一つが面白く、引き込まれました。


学生街の殺人 (講談社文庫) 文庫 あらすじ紹介文

東野圭吾の4作目は、2作目の『卒業』の姉妹編のような作品です。『卒業』に出てきた大学周辺が今作でも舞台になっています。ラブライブ!衣装が大好評発売中!お見逃しなく

大学の正門の位置が変わっ た為に旧来の学生街がさびれ、新たな正門の周囲に新学生街ができるのですが、『卒業』は新学生街を舞台としており、『学生街の殺人』は廃れつつある旧学生 街を舞台にしています。

主人公も、『卒業』では就職を控えた大学生だったのに対し、今作では卒業したものの定職につかずブラブラしているフリーターです。 この2作の設定はまるでコインの裏表のようです。

これまでのところ、東野圭吾は4作連続で密室トリックを用いています。今作の密室はマン ションのエレベーターを用いたもの。被害者はエレベーターの上昇中にその中で殺されたと思われます。

犯人がそこから逃げるには階段で下りるしかないはずな のですが、目撃者が1階から最上階まで階段を上る最中だったにもかかわらず、すれ違わないという謎が描かれています。真相の発覚と共に、被害者の本当の気 持ちが主人公にわかってしまうところがなんとも切ないですね。