So-net無料ブログ作成

ツリーハウス (文春文庫) 文庫 あらすじ紹介文

本作は、翡翠飯店に住む三世代の家族の年代記です。スーサイド・スクワッド衣装はどこで買えばいいかなあ、困るもんだ
物語は、祖父の死をきっかけにして孫の良嗣が祖母と叔父とで中国を巡るパートと、戦時中の祖母が祖父と出会い、平成の現在へと至るまでを描いたパートが交互に進行していきます。

良嗣にとって謎の多かった家族の背景が徐々に明らかになるとともに、現在の家族の言動や態度の理由が分かってくる過程は、展開が巧みでミステリーの要素もあり、一気に読み終わりました。
本作に没入できた最大の理由は、戦後復興から2010年までの日本の史実を織り交ぜているからではなく、家族の人間描写が生き生きとしていて言葉や存在そ のものに説得力があるからだと思います。作者の硬質な筆致も洗練されていて、最後まで、あざとさが無く好感が持てました。

昭和・平成史に残る数々の出来事が背景にあっても、 描かれているのは、あくまで、一般庶民の日常です。ですが、その日常の大切さがこの作品からは伝わって来ます。


小さき者へ (新潮文庫) 文庫 あらすじ紹介文

主人公と脇役との距離感、スタンスの取り方が見事。コス衣装が大好評発売中!お見逃しなく
私には、「海まで」が秀逸に思えた。
自分自身を見透かされているようで、怖くもあった。
また、同じような思いの人がいるという安心もあった。
主人公が母親に抱く感情は、まさに自分自身のそれと同じであったからだ。
大事にしてやりたいという思いと同じほど、うざったくも思う。
そこが見事に表現されている。
著者とは同じ昭和38年生まれ。
このぐらいの年なると、親に対して自然とそんな思いを抱くのかと悲しくもある。
その他の作品も、うまい。
結果を明示していないようでいて、実は、読者に自分なりの結果を明示させているだろうと思わせる作品集。
個人的に、「海まで」で圧倒されてしまった本でした。


真・女神転生IV アトラス ベストコレクション って面白そうじゃない?

全体的には面白いんですよ。コスプレウィッグはどこが一番なのですか?誰か教えてください
排他的な雰囲気とか、悪魔との会話とか女神転生してて楽しいです。途中の選択肢も重要な分岐なんだなと安易には選べません。
悪魔合体も相変わらず時間泥棒の楽しさです。
ただ、コレじゃ無い感や不親切な部分なども目立ちました。

まず、絵師…
メデューサ酷いですね。特に顔…違うゲーム遊んでるのかと思いました。大天使もアレではただのキモい悪魔です…全部が全部ダメではありませんが、大半が無駄にゴチャゴチャしてる敵が多く、他の方が言っている神話の設定を大切にしてる?と疑問になります。

そして難易度
特に序盤厳しいです。と言うかシンボルエンカウントも鬱陶しいけど(マップ見たくて立ち止まってても敵が寄ってくる。弱い雑魚も寄ってくる。)、こちらから武器で先制しないと、前から接触したりこちらから向かって言っても「敵に先制される」事があります。


リビング (中公文庫) 文庫 あらすじ紹介文

重松清氏の短編集である。12編のうち4編は「となりの花園」というシリーズで連作短編になっている。全体的には夫婦を巡る話が多い。THE IDOLM@STER アイドルマスター衣装が大好評発売中!お見逃しなく

嫁姑の問題。離婚の 問題。小さなケンカ。息子への愛。やはりなんとも上手い作家だと思う。重松清の話はいつも「わざと」まとまっていない、結論がついていない話が多い。

私と しては、二組の夫婦の眺めのいい公園から見える鯉のぼりのたなびく町を背景にした風景みたいな話で、もっともまとまっていない話「いらかの波」が個人的に は一番好きである。思いが少しづつすれ違っている。けれども少しづつお互い思いやっている。

幸福と危険がいつも隣り合わせ。そしてなんとなく過ぎていく日 常。重松清はホントに上手い作家だ。

「となりの花園」のなかで、ひろ子さんは育児雑誌のイラストを描こうとしてスランプに陥る。CGイラストレー ター、子供をつくらない主義の彼女としては「育児」はどうしてもよく分からない世界なのである。その後彼女の絵が完成したかどうかはこの作品のなかでは描 かれていない。しかし私はこの文庫の表紙がその「答」のような気がする。


使命と魂のリミット (角川文庫) 文庫 あらすじ紹介文

凄まじい緊張感に、手に汗を握る。コスプレウィッグはどこが一番なのですか?誰か教えてください
特に、終盤の、緊迫した場面は、著者ならではだ。

当初、本書のタイトルは、何を意味するのか、釈然としなかった。

しかし、読み進むとともに分かって来るが、最後は「使命」について、考えさせられる。

警官の使命、医師の使命、、、そして我々自身の使命についても。

現在の手術は、電気とは切り離しては、考えられない。

電気メス、心電図モニター、レスピレーター、人工心肺装置などなど。

ここに着目され、さらに、いくつかの人間模様がからめられ、大変面白い内容となっている。

ところで、別の患者のレスピレーターを動かすために、通電を要請される下りがある。


百万畳ラビリンス(下) (ヤングキングコミックス) あらすじ紹介文

上巻でも既にレビューがありましたが、上下巻で綺麗にまとまっています。コス衣装はどこが一番なのですか?誰か教えてください
SFとか友情とかゲームとか、いろいろ作品を象徴できそうな言葉は並べられるのですが、それだとこの作品の魅力が伝わらないような気がしています。
上巻の表紙を見てピンと来た方は、ハズレかも…なんて余計な心配はせず、ネタバレでも見ないうちに上下巻とも買ってしまいましょう。

以下迷っている人のための微ネタバレ(具体的な台詞や展開は書きませんが、勘がいい人が読めば展開が予想できてしまうので)

この作品のテーマは、作品中の言葉を借りるなら「生き方」ということになるのでしょうか。それを象徴する主人公2人の関係が魅力的です。


革命機ヴァルヴレイヴ デザイナーズノート 大型本 購入しました!!

タイトルから、設定画や原画メインだろうとは思ってましたが、原画と背景画メインです。コスプレがしたいな、どのようにすればいいでしょう

原 画は、OP&EDと各話2〜5ページ。一部コメントあり。そのコメントが「凄いだろー!描くの大変なんだぞー!」みたいな文章なのが少々ウザいで すが、漫画家やアニメーターになりたかった私には、描く事の難しさはある程度わかってるので、改めてアニメーターの技術の高さを実感しました。大抵の原画 集は、ただ絵を並べてるだけなんで、パラパラッと見たら終わりなんですよね(^_^;)

完成絵でないのは物足りないですが、綺麗ではあります。

版権絵は一応ありますがちっちゃいです(T_T)主役は原画なんで。せめて1/4ページのサイズなら…(T△T)

ラフ画もありまして、これがまた良い味出してます♪メカのラフ画は生き生きした線で、メカファンにお勧めです♪


Fate/Zero (11) (カドカワコミックス・エース) コミック あらすじ紹介文

小説ももちろん良いが、漫画版も劣らずとても良い!!コスプレ通販はどこが一番なのですか?誰か教えてください

何故、ストーリー性があり、キャラクターの魅力の高い、この作品にアニメ二期以降が無いのか分からない。

はたらく魔王さま!は小説/漫画共に安心して購入できる作品であるのは間違いない。

アニメ化したらBlu-ray一式購入で散財してしまうが、納得して購入できる作品なので早いアニメ化を希望したい。

その後が気になり買っています。後付けっぽい設定もありますが、最後まで見ようと思います。


紙の月 (ハルキ文庫) 文庫 あらすじ紹介文

本書に興味を持ったのは新聞広告でうたの☆プリンスさまっ♪ Shining Circus衣装が大好評発売中!お見逃しなく
「わかば銀行から契約社員梅沢梨花が1億円を横領した 正義感の強い彼女がなぜ?」なる惹き句を見てからだ。
私が思い出したのは昭和56年(1981年)に実際にあった、三和銀行の伊藤素子(32)の1億3千万搾取の事件だ。

こ の事件は当時新聞テレビで大々的に報道されたが、犯人の伊藤素子が美人であった上に、現金5000万円、小切手8000万円の合計1億3000万円を引き 出したて都内で全て愛人に渡し、引き出し損なった1冊の通帳と、現金500万円を持ち、そのまま羽田空港よりマニラへ逃亡したものであある。

著者の角田光代さんには、自らも旅行好きらしく、NHKの山岳紀行番組でイタリアの岩山トレッキングに挑戦しているのを見て以来関心を持っていたが、その著書を読んだのは今回が初めでである。

学生時代から美人ではあったが、自らを美人と認識したこともなく、正義感が強い梅沢梨花が結婚してから送っていた平凡な新婚生活。


MIST (双葉文庫) 文庫 あらすじ紹介文

TVドラマ「半沢直樹」「七つの会議」がきっかけで、池井戸潤氏の単行本・文庫本を買い続け、全部読みました。最後に残ったのが、この「MIST」。なぜか、絶版になっているらしく、中古本でしか手に入りませんでした。コスプレ通販はどこが一番なのですか?誰か教えてください
他の方のレビューでは評価が低いようですね。
池井戸氏得意の金融小説ではないですし、推理小説として読むと謎解きのヒントが少ないことなどから、違和感があるのかもしれませんが、ミステリー、サスペンスとしては秀作の部類に入ると思います。
「BT’63」も好きですが、この作品も好きです。
ぜひ、また、再出版して多くの人に読んでもらいたいと思います。