So-net無料ブログ作成

死神の精度 (文春文庫) 文庫 あらすじ紹介文

すばらしい!コスプレ通販はどこで買えばいいかな、困るもんだ
優れた短編小説集の見本のような作品です。
主人公は、死神。その死神はこれから死を向かえる人間の資格調査(?)のため
7人の人間に出会う。

そこには、シンデレラ・スト−リ−、ロ−ド・ノベル、本格密室推理など、バラエティ-に富んだ展開が待っている。
さらに、短編らしく意外性がありながら余韻を残した結末が、作者のセンスを物語っている。

そして、最終章では、はっとする展開やすがすがしいばかりの結末が・・・。

キャラ作りの天才である作者の真骨頂である、主人公のディテ−ルも、申し分なく
音楽好きな死神がすこしKYなところがありながらも、作品の雰囲気をかもし出してくれている。

映画が楽しみな一冊でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0